内服薬を併用すると効果的

痔を改善する為に、内服薬を活用するという方法があります。外用薬で患部に直接アプローチするのも効果的ですが、同時に内服薬でも痔の症状を緩和させるとより効果的です。それでは、どういった種類の内服薬があるのか、効果などを見ていきたいと思います。

整腸作用のある内服薬

痔を患っている人は、排便が困難になる事が多いです。中でも便秘がちになってしまう人は多くいます。逆に下痢が酷いから痔になったと言う人もいます。どちらにせよ、腸内環境を整えて、正常な排便が出来るようにしなければ、痔は改善しません。

そこで活用できるのが、整腸剤などの整腸作用を含む内服薬です。下痢気味の人も便秘の人も正常な便の状態に戻していく事が出来ます。痔を悪化させる原因の1つに、便秘で肛門が切れる、いぼ痔から出血するという事がありますので、排便の正常化を目指しましょう。

痛みや炎症を抑える内服薬

いぼ痔や切れ痔で伴う痛みや炎症を抑えるための内服薬があります。生薬から作られているものが多く、炎症や痛み、出血などをゆっくりと緩和していく作用があります。うっ血した血液の状態も緩和する作用を持っている薬もありますので、自分の症状に合ったものを選ぶようにしましょう。

安心できるのは、生薬を使用しているという内服薬です。漢方なども効果があるとされているので、大手の漢方メーカーなどが販売している痔の内服薬も効果的です。副作用などもありますので、しっかりと作用、副作用を確認してから飲むようにしてください。

症状に合ったものを選ぶ

いぼ痔や切れ痔の出血や痛みに効果があるという薬もたくさんありますが、切れ痔の肛門の痛みが辛い!という人や、いぼ痔の腫れが痛い!という人がいます。ですから、自分が悩んでいる、困っているという症状に対して、しっかりと作用してくれるのかどうか、チェックしてください。

出血は無く、痛みが強いと言う状態なのに、出血に効果的という薬を買っても意味が無いですから、しっかりと薬の作用を確認してください。ドラッグストアなどで薬剤師の方に確認をしながら、購入するのもいいでしょう。

Posted in 市販薬

関連記事