外痔核

外痔核になった時には、肛門に見慣れない、イボが出来ていると感じる事ができるので、意外と早く外痔核に気が付くことができます。しかし外痔核は、常に肛門の外側に出ているいぼ痔なので、恥ずかしいという感覚を持つ人も多いです。

外痔核は直接肛門の外に出来てしまうものなので、内痔核と比較しても痛みを強く感じる事もあります。改善方法などもたくさんありますが、まずは病院に言った場合に、どういった治療法を用いるのか、ここで見ていきましょう。

外痔核の治療方法

出血のない外核痔

痛みは少しあるものの、出血をするほどではないイボが出来ている場合には、病院での治療法は軟膏を塗ったり、座薬を入れたりする程度になります。その際に、生活習慣を見直すように指導されます。

また、内服薬として整腸剤を処方されることもあります。便が硬いと外痔核に悪影響を及ぼすので、柔らかくする為の薬を飲むこともあるからです。内服薬と、座薬、軟膏などで様子を見ながら、外痔核が悪化しないように、付き合っていくのが基本的な治療法です。

出血してしまう外痔核

外痔核には、イボの中に血液の塊が出来てしまう事があります。こういった場合「血栓性外痔核」という疾患になってしまいます。かなり強い痛みを感じる事があり、排便をするとき、していない時でも、外痔核から出血する事があります。

血栓性外痔核の場合は、注射をしていぼ痔を硬化させる方法や、鎮痛効果、麻酔効果のある座薬や軟膏を使って治療していく事になります。まずは痛みを取り除き、出血を止めると言うのが、流れになります。

たまに痛む程度の外痔核がある場合

外痔核があるのだが、1年を通して痛みが出てくるのは、ほんの数回だけなので、あまり困らないと言う人もいます。しかし痛みが出てくると、かなりの激痛で座る事も困難になるという場合があるので、そういった体験をすると、やはり病院で治療しようかな?と思う人も多いようです。

病院へいくと、長年同じような外痔核に悩まされていたり、どんどん数が増えていると分かったら、手術でキレイにしてしまう事を、勧められることがあります。外痔核は一度できたら、手術をして切除する以外は、基本的には様子見です。

もちろん様子見をしながら、外痔核を小さくしていき、症状を緩和させることは出来ますし、本人の考え方次第です。手術は医師とよく相談をして、考えていきましょう。

Posted in 治療法

関連記事