切れ痔

切れ痔に悩む人はとても多いと言われています。肛門周辺の皮膚が切れてしまう、裂けてしまうと言う状態なので、痛みも強いものになります。そんな切れ痔の治療方法について、ここでお話していきたいと思います。

病院での処置を詳しく見ていきますので、あまりにも辛い症状の人は、参考にしてみてください。

切れ痔の治療法

実は切れ痔を抱えている人の70%もの人が、切れ痔を保存しながら治療をしているという実態があります。つまり、切れ痔の部分を手術したりすることなく、切れ痔の様子を見ながら、軟膏や座薬や服薬で改善させるという治療法です。

切れ痔によって、出血をしている場合には、キズからの出血を止める処置をしてもらいます。傷を治す事で出血もなくなりますので、キズを改善させるのが1番になります。切れ痔の傷は、軟膏を注入したり、肛門周辺に塗ったりして治していきます。そして血を止める為の、座薬などを使って、切れ痔の症状を緩和させていくのです。

もう1つ切れ痔の人が、症状を感じるのは、排便のときです。排便をすると、肛門が切れてしまい、痛みが出てくるという場合があります。こういった時に行う治療は、痛みどめや鎮痛剤などを、直接注入したり、服薬で摂取していきます。さらに、硬い便が出てくると、肛門のキズがいつまでも改善しないので、便を軟らかくする薬を服用したりします。

治療中に注意したいこと

切れ痔というのは、痛みと出血に驚いて病院を受診することになります。ですから、一時的に、痛みと出血がなくなったら安心してしまうのです。しかし切れ痔を完治させるには、注入軟膏や、座薬、服薬など、決められた日数分をしっかりと使い、半年~2年位の時間をかけて、完全治癒させます。

ですから、途中でもう大丈夫だろうと、自己判断で治療を辞めてしまうと、また切れ痔が再発してしまいますし、いつまでも治る事がないのです。病院の治療を受けるのであれば、しっかりと通う事が重要になります。

Posted in 治療法

関連記事